ゴルフラウンド★ラフでのクラブ選択でスコアアップ


コアと意識を変えてゴルフ改革!
クリティカル パッティング ヨガ

クリティカル パッティング デザイナーの佐々木美香です。

シルバーウィークで行ったビンタン島でのゴルフは、ラフでのクラブ選びが難しく、合計2ラウンドのうち後半にはラフで選ぶクラブが決まってきましたが、それまでは何で打つか、試行錯誤していました(>_<)wpid-p_20150920_090216.jpg

秋になって日本はラフが短くあまりからまなくなってきますね。
夏とは違うクラブ選びが良いかもしれません。

季節によって、コースによって、変えることでスコアアップが期待できるラフでのクラブ選択について書いていきます(^.^)

ゴルフのラウンドでショットを打つ時はまずはラフに入れない事。
特に夏や南国の長いラフ、粘っこいラフに入ると、1打で脱出できないこともあります。

でも、気を付けていてもボールに回転がかかっていたり、傾斜があったりで、最後の最後着地してからラフに転がり込んでしまう事もあります^_^;

もしあなたが
グリーンまで距離のある場所のラフからウッドやユーティリティーでいつもきれいに打てる、
もしくは、
ラフからはいつもアイアンと決めていて綺麗に打てるのでそれで満足している、
という方は変える必要はないので、この先読む必要はありません!

でもラフではどのクラブで打つか決まっていて、
ラフは難しいのでミスショットしても仕方がない、
と思っているなら、改善の余地ありですよ♪

私の場合は、
距離があるところからはウッドで打ちたいけどかなりの確率でテンプラになってしまう、
粘っこいラフでアイアンを使うと綺麗に打てなくてゴロになってしまう、
というミスが起きがちです。

まだショットが安定していない初心者さんだと、
スイングが悪かったのか、
クラブ選択が悪かったのか見極める必要がありますが、

ラフからは難しくてまともに打てないな、
と思い続けているうちにラウンドが終わってしまわないように、うまく行かない時にはいろいろと試してみてくださいね(^.^)

私の場合は何を試すかというと、
ラフが長くてウッドではテンプラになりそうなときはユーティリティー
をまず試します。

それでもテンプラ気味で距離がしっかりと出ない時には、
7番アイアンでしっかりと打ってランも使って転がってもらいます)^o^(

普通に打てば7番アイアンよりはユーティリティーのほうが飛ぶのですが、テンプラ気味になると距離が出ない上にランもでないからです。

そして大切なのは、ユーティリティーで一度失敗して次に7Iで成功したら、その日は似た状況になったら
ずっと7Iで打つと徹底することです

今回はまたユーティリティーにしてみよう、
とか
ここで距離を出さないと目標の数でグリーンに乗せられないからイチかバチかウッドを使ってみよう
と欲を出すと、結局スコアは崩れて行きます。

自分の心をコントロールして、
成功する確率の高いクラブを常に選択すること、
そのために1打多く打つかもしれないという状況になっても、
 それでも確率の高いクラブを迷わず打つこと。

頭でわかっていても、ラウンド中は考えがぶれてくるものです。
自分の心を冷静に分析できるようにメンタルが鍛えられるとスコアアップにつながりますね(^.^)

明日は体幹とメンタルと鍛えてゴルフが上達するクリティカルパッティングヨガのレッスン日。
自分の心を冷静に分析できるようになると、ゴルフの上達はもちろんですが、仕事でも日常でもストレスに強くなってきます(^^)
興味のある方は、体幹とメンタルについてのミニセミナー付きシミュレーションゴルフイベントにまずはご参加ください。
10月も開催予定です♪
日程発表まで少々お待ちください~(^_^)/

 

follow us in feedly

 

レッスンに参加する前にゴルフの上達についてもっと知りたい方、
フェイスブックでも常時アップしていますので、ぜひご覧ください(^.^)

クリティカルパッティングデザイナー
佐々木美香のフェイスブックf_logo_mini

にほんブログ村のランキングに参加しています。↓↓↓何位かチェック!
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ