力んでいるか、感じ取っていますか?


目指せ!シゴトもゴルフもデキるオンナ グリーンを舞台に誰よりも輝く! 
クリティカルパッティングデザイナーの佐々木美香です。

今日は東京はあまりお天気は良くないものの、気温が高くなるようですね。
寒暖の差が激しくなってきたので、この時期のラウンドはゴルフウェアもどのくらい着込むか迷いますね(^.^)
20150304

ゴルファーなら誰でも経験したことのある、
朝一のティーショットのミス、
パターで打ちすぎたりショートしたり、
はたまたまっすぐ打てなかったり。

これはいくつか原因がありますが、今日は一つ目の原因。

力んでいたり、不安があったりで筋肉が緊張して起こると言われています。
筋肉が緊張すると関節が自由に動かずに、クラブの軌道がおかしくなってしまい、練習時のスイングが再現できなくなってしまいます。

解決には原因への働きかけが大切ですが、筋肉が緊張しているのだからストレッチすれば、という考えが出てきます。
でもストレッチで筋肉をほぐしても、肝心の力みや不安という、筋肉の緊張を作り出す元に働きかけないと、結局はショットを打つ時には緊張状態に戻ってしまっているかもしれません。

力みは
やってやろうと強気になり過ぎたり、
欲が出た結果です。
ストレッチで強気になった気持ちを普段の状態に戻したり、欲を出さないようにできますか?
できないですよね。

ではストレッチで解決しないなら、どうすれば良いでしょう?
答えはメンタルをコントロールすることです!

不安な気持ちに引きずられない強さを持ったり、
強気になり過ぎたら普段の自分に戻ることができたり、
欲を出さないように
できれば解決しそうですよね。

コントロールする第一歩は今の状況を感じ取る事です!!
ショットを打つ時の自分の状態を丁寧に感じ取ってみてください。
今の状態を感じ取れるようになることがメンタルトレーニングの第一歩です(^.^)

次回はもう一つの原因を見ていきます(^_^)/

にほんブログ村のランキングに参加しています。↓↓↓何位かチェック!
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
東京で少人数制で初心者大歓迎のレッスンを行っています。
どのクラスも入会金などかからずに1回からお気軽にご参加いただけます。

毎週木曜日11時から銀座で、月2回日曜日には区民センターです。
日曜日のレッスン、次回は3月8日です。
レッスンは完全予約制です。前日までにご予約をお願いします(^.^)
詳細はこちらです  http://www.mikaprojects.net/jewelyoga/schedule/

フェイスブックページへのいいね!もお願いします(^.^) https://www.facebook.com/jwlyoga
お問合せ、ご予約お待ちしています。 Email: info@mikaprojects.net