服装はどうすれば良い?


目指せ!シゴトもゴルフもデキるオンナ グリーンを舞台に誰よりも輝く! 
クリティカルパッティングデザイナーの佐々木美香です。

ゴルフをラウドする上での大切なマナー、一つ目は正直である事。
スコアもボールの位置も自己申告のスポーツなので、自分が気持ちよく回るためには正直でいる必要がありますね。

二つ目は服装です。
何を着ればいいのか、初心者の方は迷いますね。
20150319b

会社でも服装ってルールがいろいろありますよね。
お客様とお会いする職業と、バックオフィスの裏方仕事かでも違いますし、業種によってもルールの違いはありますよね。

私が以前勤めていた会社ではお客様に合うとき以外はビジネスカジュアルでノーネクタイOKというルールでした。
本社からの文章ではふさわしくない服としては、穴の開いたTシャツやパンツ、女性のチューブトップなどがあげられていました。
日本ではそのような服を着てくる人はいないとしても、ビジネスカジュアルに慣れていないので、導入当初はどの程度の服が適切なのか?
と戸惑いが見られました。
男性はゴルフ場に行く時のような服が適しているというのがみんなの理解でした。

では、ゴルフ場に行く時の服装って?

少し前まではジャケット着用が当たり前でしたが、ここ数年はカジュアル化していますよね。
ジャケット着用してほしいゴルフ場は、ビジターだけの予約時にはわざわざそれを伝えてくれます。
そのくらいジャケットは着用していない人が増えたという事ですね。

ジーンズ、ショートパンツ、Tシャツもふさわしくない服装の代表ですが、ジーンズの方はたまに見かけますね。
常連さんやメンバーさんだとゴルフ場も注意できないのでしょうね。

昔はジャケットで過ごしたゴルフ場がカジュアルになったとはいえ、長年のメンバーさんがいるコースではみんなが気持ちよくラウンドできるようにという配慮をしているのがわかります。
男性の場合は特に、シャツを中に入れるかどうかも階段などにポスターで
入れてください!
と書いてあればそれに従いましょう。

女性は少しラッキーで、多少カジュアルでも綺麗目の印象があれば大丈夫です。
ゴルフウェアとはちょっと違う、大人っぽいおしゃれが出来たら上級者ですね♪

次回はラウンド中のマナーについてです(^_^)/

follow us in feedly☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
目指せ!シゴトもゴルフもデキるオンナ グリーンを舞台に誰よりも輝く!
女性ゴルファーがゴルフを上達するためのクリティカルパッティングヨガのレッスンがもうすぐ始まります!
詳細が決まりましたらブログでも紹介しますが、
フェイスブックでも常時アップしていますので、ぜひご覧ください(^.^)

クリティカルパッティングデザイナー
佐々木美香のフェイスブック f_logo_mini

にほんブログ村のランキングに参加しています。↓↓↓何位かチェック!
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ