ゴルフラウンドはポジティブな言葉で


東京で少人数制&初心者大歓迎!のゴルフヨガとハタヨガレッスンを行っている、旅するヨーガインストラクターの美香です。

ゴルフヨーガでは、ゴルファーが今のベストのパフォーマンスを出せるような体と心を作るレッスンを行っています。
巷ではメンタルトレーニングの方法も数々ありますが、結局は瞑想から取っている練習が多いですね。
ヨーガのレッスンでは瞑想の要素も自動的に入っているので、分けてトレーニングする必要が無くて一石二鳥です(^.^)
b887b268e20baf30bec8749938721ed2_s

ヨーガの哲学では、イメージしたことが現実化していると言われていて、言葉で話したことは現実に引き寄せられると考えられています。
最近、巷では言霊っていう言葉も普通に使われるようになっていますね。

この原理は最近は脳科学でも解明されてきているようです。脳は考えたり言ったりした言葉やイメージをそのまま現実として受け取り、否定形の文章でもその中に出てきた言葉を現実として受け取ると言われています。

ゴルフでは上達する際にスコア100の壁があると言われていて、「100切り」という言葉もありますね。
でも脳科学の法則で行くと100切りと言っている時点で100は切れないのです。
自分が100という数字を引き寄せてしまいます。

ダイエット中の人を二つのグループに分けた実験では、
グループ1:ダイエット中なのでチョコレートは食べないでください
という文章と、
グループ2:ダイエット中なので野菜をたくさん食べましょう
という文章を見せたグループでは、
グループ1がチョコレートを食べてしまう確率がとても高いそうです。

否定文であっても、脳で認識した言葉を自分で実現する行動を取ってしまうのです。

100の壁でなかなか90台にならない方は、朝起きたときから、
今日は90台で回ろう!
と思って、一日中、100という数字を使わずにラウンドしてみてください!

そして、前半のハーフが終わった時には反省はそこそこに、細かい反省はラウンドが終わってからじっくりと。
あのショットが悪かった、あのパターは入らなかった、
と失敗したイメージばかり何度もダメ出しし、まるで自分がダメなプレイヤーのようにリマインドしないでくださいね。

ゴルフのラウンドで最高のパフォーマンスを出すためには、これから打つショット、これから回るホールに対して良いイメージで集中することと言われています。

ハーフの休憩には、自分に優しく、今日の良かったところを思い出してみてください。
周りの人に今日はOB出たね、パット調子悪いね、などと言われても、それに引きずられて、
そういえばこういうショットも良くなかった、こんなパットも入らなかった、
などと駄目だし大会は無しですよ。

そういう人への返事は、例えば、
ドライバーはOBもあったけど、そのあとは飛んでたな、
パターは3パットもあったけど、ロングパットが気持ちよく入ったな、
アプローチはまっすぐピンに向かって言って絶好調だったな、
など、良いところを数え上げてください。

そこに焦点を当てて、午後のラウンドの良いイメージを具体的に持って、良い結果につなげて下さい(^.^)

そしてラウンド中は、大地、空、風、植物のエネルギーをぜひ感じとって頂きたいです。
ゴルフをしているときは足の下にも芝の命があり、地上にもたくさん木が生えていて、自分の上下からエネルギーに囲まれているのを感じます。そのエネルギーを深呼吸で沢山取り込んでみて下さい。
植物が見守っていますよ♪

まだしばらく寒いので、ラウンド時の防寒はしっかりと~(^_^)/

にほんブログ村のランキングに参加しています。↓↓↓何位かチェック!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
東京で少人数制で初心者大歓迎のレッスンを行っています。
どのクラスも入会金などかからずに1回からお気軽にご参加いただけます。

毎週木曜日11時から銀座で、月2回日曜日には区民センターです。
日曜日のレッスン、次回は2月8日です。
詳細はこちらです  http://www.mikaprojects.net/jewelyoga/schedule/

フェイスブックページへのいいね!もお願いします(^.^) https://www.facebook.com/jwlyoga
お問合せ、ご予約お待ちしています。 Email: info