意識と集中!ゴルフラウンドは頭をフルに働かせてスコアアップ3


目指せ!シゴトもゴルフもデキるオンナ グリーンを舞台に誰よりも輝く! クリティカル パッティング ヨガ

クリティカル パッティング デザイナーの佐々木美香です。 スコアアップのために、意識して集中してプレイする事について書いています。 20150327a

1打でも少なくホールアウトするために頭をフル回転

第一回は漫然と打つのではなく目的をしっかりと意識して打つ
http://www.mikaprojects.net/concentrate20150327a/
前回はトラブルになったらこれ以上ダメージが拡大しないショット選択をしたり、頭の中に入っていトラブル対応の知識や経験を総動員する http://www.mikaprojects.net/concentrate0327b/
ということについて書いてきました。

グリーンに乗ったらリセット

グリーンまでサクサクとパーオンした場合でも、とっても苦労してやっと乗った場合でも、そこで一度リセット。
パッティングは2パットでパーとよく言われますが、それを目指して集中します。 ショットでは大きな筋肉を使いますが、パットでは手や腕の繊細な感覚が必要になります。 体幹でしっかりと支えながらも繊細な感覚を使うには、体全体がリラックスしていないと難しいです。
ですから、それまでの良い事も悪い事も忘れて、体も頭も気持ちも、すべてリセットします。

2パットで入れる

グリーンまで苦労して乗せた場合は、これがワンパッドで入ったら、と欲が出ることがあります。 よほど短い距離なら別ですが、微妙な距離を無理すると痛い目にあうのは皆さんご存知ですよね(>_<)
大切なのはそれまでの事は忘れて、2パットで入れることです。

1パット+OKを狙う

知人同士のラウンドやカジュアルなコンペであれば、ワングリップOKのルールで最後のパットは短ければ打たなくても入ったとみなしますよね。
だから2パットで上がる一番良い方法は、1パット目でカップからワングリップ以内、だいたい30センチくらいに収めることです。
そうすると2パット目は打たなくても入ったとみなすので、2パットで上がれます。

無理に1パットで入れようとしない

グリーンまで苦労した場合には、ワンパットで決めたい、という気持ちが強くなってきます。 でも、よほど短い距離でもないのにワンパットを狙うと、3パットという結果が待ち受けている可能性大です。
一打でも少なくホールアウトするためには、グリーンに乗ったら2パットです!

おわりに

3回に渡って書いてきた意識と集中でスコアアップする方法。
知識として知っていることばかりだったかもしれません。
それを引き出すためには自分が今置かれている状況を冷静に判断して、一打でも少なくホールアウトするという目的を忘れないことが大切です。

スコアアップするための知識はもう頭に入っているのですから、上手に引き出して結果を出していきたいですね。 冷静に判断して、やると決めたショットを100%信じて打つ、メンタルの強さがあれば問題なくできますね。 ではまた(^_^)/

follow us in feedly ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
目指せ!シゴトもゴルフもデキるオンナ グリーンを舞台に誰よりも輝く!
クリティカル パッティング ヨガ

体幹とメンタルを鍛えてゴルフを上達するためのクリティカルパッティングヨガのレッスンがもうすぐ始まります!
詳細が決まりましたらブログでも紹介しますが、 フェイスブックでも常時アップしていますので、ぜひご覧ください(^.^)

クリティカルパッティングデザイナー 佐々木美香のフェイスブック f_logo_mini
にほんブログ村のランキングに参加しています。↓↓↓何位かチェック! にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ